三重県菰野町に窯を持つ山口陶器のブランド「かもしか道具店」

かもしか道具店

2017.9.18
季節もの

新米を美味しく炊いて食べる

9月13日(水)に、かもしか道具店内で、「ごはんのお鍋で新米を食べる会」を開催しました。その時の様子をレポートです。

 

 

まずは山口社長とベジファーム菰野の服部さんの挨拶からスタート。

 

今回お米を食べ比べるために、服部さんに4種類のお米を用意して頂きました。

 

  • 新米コシヒカリ→水分が低いお米
  • 新米コシヒカリ→水分が高いお米(市場では出回らない)
  • りゅうのひとみ→新米
  • りゅうのひとみ→古米

「りゅうのひとみ」は「コシヒカリ」よりも透明で1.5倍の大きさがあります。

服部さん直々にお米について詳しく説明してもらいました。

 

機械でお米の水分量を測って、それぞれの違いを説明中。

 

お米を研いで、お鍋に投入。

研ぎ汁がこれぐらいになったらOK

 

 

水加減や火加減は、ごはんのお鍋の産みの親である山口社長が直々にして頂きます。

 

お米が出来上がるまで間、かもしか道具店の「すりバチ」でふりかけを作ります。

 

みなさんにゴマを擦って頂いて、溝がないすりバチの擦り心地を体験して頂きました。

 

ふりかけは

  • 干しエビ、刻みのり、ゴマ
  • ひじき、しらす、ヒジキ、かつおぶし、

の2種類作りました。

ぶくぶくしてきたので火を弱火にします。

火を止めるタイミングは山口社長の長年の勘です。

 

20分程蒸らします。

みなさんお腹が空いて待っている状態です。

 

ごはん炊きあがりました!

 

手作りのおかずやご飯に合う食材を持参して頂いて、みんなでご飯を食べます。

「りゅうのひとみ」はもち米のようにモチモチして甘みがあり、「コシヒカリ」はさっぱりとしていて、バランスのとれたお米だそうです。

 

お米を食べ比べました。みなさんそれぞれ好みがあり、「りゅうのひとみ」が好みの人もいれば、「コシヒカリ」がという人もいて、いろいろな感想が出ていました。

 

ベジファーム菰野さんで作っている、「菰野納豆」と「まこも納豆」です。

「まこも納豆」は真菰が入っているので少し緑がかっており、食べると普通の納豆より匂いが気になりませんでした。納豆が苦手な方は是非「まこも納豆」をおすすめします。

 

参加して頂いたみなさまありがとうございました!

かもしか道具店をより深く知ってもらうためのスペシャルコンテンツです。